うたかたとは,  うたかたストーリー,  うたかた日記

一緒にあなたの想いを形にしたい!【うたかたの想いと独自のレンタル】

うたかたは単に場所を貸すだけのレンタルスペースではありません。

 

「リスク無しで自分のお店(拠点)を構える経験ができて、事業が軌道に乗る」

ということを大切にしています。

(マイショップ制度:1時間あたり500〜600円台)

後ほど解説します。

 

駅からアクセスの良い落ち着いた空間を提供するだけでなく、

インスタ運用や集客の相談、異業種のマッチングなど、事業主に不可欠な手厚いサポートを通じて

利用してくださるあなたの想いを形にしていく秘密基地です。

 

 

うたかたの活動を始めたきっかけには様々な

”想い”  があります。

 

◾︎ 様々な問題を抱えて見えない形で地獄絵図になっている京都市に少しでも貢献したい。

◾︎ コロナ禍で問い直されたこれからの生き方をみんなと模索したい。

◾︎ 副業や自営業がすすめられる時代なのにチャンスやサポートが少ない

◾︎ 個人事業主として悩んだ経験を活かして役に立ちたい。

◾︎ 様々な「挑戦する人」にお会いして知ったお悩みを解決したい。

 

 

そんなうたかたと一緒に、想いを形にしていきませんか?

 

はなさん
はなさん
この記事では私たちがどうしてこの活動をしているのか、具体的にどんなことをしているのか紹介します!

 

少しでも興味を持っていただけたら、

最後までぜひ読んでみてくださいね。

 

うたかたをスタートした経緯と想い

はなさん
はなさん
私たちが活動を始めた想いをもう少し詳しくお話ししますね!

 

 

1.京都の問題

私たちが生まれ育った京都市は年々姿を変えていきます。

便利なことも増えましたが、見えない形で地獄絵図だと言われています。

5年後には破綻すると言われている財政、赤字の地下鉄、若者世代の流出、高齢化、空き家問題etc

 

事実、子どものころと様子が変わっていく京都を見て、不安な気持ちもあります。

 

それでも私たちは生まれ育った京都で生きていきたい。

出ていくこともできるけど、

「ここで挑戦していいよ」と言える京都を次の世代に繋ぐためにちょっと頑張ってみたい。

 

2.コロナの問題

2019年のコロナウイルス騒ぎで、生活は一変しました。

オンラインやテクノロジーの発展で便利になった反面、

 

“人としての生き方”

 

が問われる時代になりました。

 

意味も曖昧なまま一人歩きした

ソーシャルディスタンスという言葉は、人と人との心の距離まで離しました。

そんな世の中を見ていて、ずっとこのままでみんな本当に良いのだろうか。

なんともいえない薄暗い気持ちに苛まれました。

 

3.副業がすすめられる時代なのに

正社員で働いても昔ほど安定できない、将来の見通しが立てれない時代。

世間的には副業や個人事業主、フリーランスでの働き方をすすめられるようになりました。

ですが、言うのは簡単ですが、実際にやっていくのは本当に難しい。

 

私たちもそうですが、やっぱり1人でやるのは難しい。

いきなりリスクを取るのも難しい。

でも、素敵な想いやサービスを持った方はいっぱいいる。

 

4.個人事業主として悩んだ経験

自分自身が社会に出てすぐに個人事業主になりました。

でも、どうすれば良いか、初めは誰も助けてくれなし、右も左もわからない。

なかなかお客さんも来ない。

試行錯誤と悩ましい日々が続きました。

 

良い物件あったーー!

 

からの改装費1000万円!!

でお金もそんなにない自分たち、奈落の底に突き落とされることも。

 

そんな中で、多くの方々に助けていただき少しずつ想いを形にしていくことができました。

自分自身が経験したからこそ分かる事業主のお悩みに寄り添って共に解決していける場所でありたいです。

 

5.様々な事業主さんにお会いして分かったこと

うたかたの活動を始めるにあたって、沢山の事業者さんたちにお会いしてきました。

多種多様な業種、経歴の方にお話しを伺う中で皆さんの素敵な想いに触れました。

 

次の世代にも「ここで挑戦していいよ」と言える京都にするには、

まずは今の自分たち、そして事業主さんたちがもっと活躍できるようにしたい。

皆さんのお悩みも聞きながら、それに寄り添える、ただ場所を貸すだけではないレンタルスペースにしようと固く決意しました!

 

 

今までの簡単なストーリー

私たちうたかたが活動をスタートしたのは2021年の8月。

 

目標は、京都の空いている町家を改装してみんなが使える秘密基地みたいな場所を作ること。

 

当時はまだ形は無く、自分たちの想いをひたすらインスタグラムで発信し、

空き家を探して炎天下の真夏の京都を歩き回っていました。

 

とんでもない状態の空き家や、改装費用が凄まじい物件などなど

お話しはいただくものの、先の見えない状態が続いていました。

 

それでも、インスタグラムを中心に沢山の方に共感や応援などの声をいただき、挫けず毎日楽しく活動を続けることができましあ。

 

そんな時、私たちの想いを知ってくださった不動産屋さんからのご縁があり、今の「うたかた」の物件を譲り受けることになりました。

 

コロナ禍で使われなくなったゲストハウスを再利用させていただくことに。

当初の目標を達成することはまだできませんでしたが、

これはこれで意義のあるご縁だと思います。

 

「空き家を改装したゲストハウスがコロナ禍で使われなくなった」

 

観光ブームで京都市には宿泊施設が増えたものの、コロナ禍で一気に下火に。

どうしようもなくなってしまった物件も多いと聞きます。

それならば有効活用させていただこう!

 

詳しいストーリーはまた別記事にあるので読んでみてね。

(ブログ末尾にリンクあり)

 

自分のお店みたいに拠点として使って欲しい

うたかたがレンタルスペースとして大事にしていることは

 

◾︎人と人との繋がりを取り戻す

◾︎利用者さんがやりたいことに挑戦できて事業主として活躍できる

◾︎挑戦する人をサポートする

 

そこで、うたかた独自の月額定期利用のプランを作ることに!

 

それこそが

「マイショップ!」

(マイサロン、準備中のマイスタンドも)

 

マイショップは月額で決まった曜日の決まった時間をレンタルできるシステムです!

 

1時間あたりのレンタル料は

たったの

500〜600円!!

 

しかも、定期でレンタルができるのでもはや自分の拠点、店舗みたいなもの。

お客さんとしても予定が立てやすいので、集客がしやすくなります。

もちろん利用の時間内は看板を設置したり、中を自由にデコレーションしていただいて構いません。

 

さらには、うたかたからも集客のお手伝いやイベント、相談、交流会などへの招待など事業主に嬉しいサポート付き。

 

「リスク無しで自分のお店(拠点)を構える経験ができて、事業が軌道に乗る」

そんなレンタルスペースでありたいです。

 

やっぱり自分のお店や拠点があると集客しやすいなどのメリットも大きいですが、なんといっても固定費などがかかります。

事業を始めたばかりであったり、小規模だったりするとお店を構えるのはリスクが大きい。

 

でもレンタルという形であれば、リスクを下げながらお店を構えることができると思いました。

うたかたとしても事業主さんのお仕事がうまくいくことが何より大切ですし、全力でサポートさせていただきます。

 

また、うたかたではレンタルをされる方は絶対に一度お会いすることにしています。

それは「人と人を繋ぐ」というミッションがあるからです。

 

事業者さん同士で繋がれそうな方、コラボできそうな方がいらっしゃれば紹介することにしています。

だからと言って、うたかたで仕事をしてくだいさいってわけではありません!笑

単純に「面白いこと」ができそうな方々を繋いでいきたいだけです。

それで楽しいことが起これば幸せです。

 

普通のレンタルスペースって、誰が貸しているのか、運営しているのかわかりにくいのですが、

うたかたでは「人」を大切にしている以上、自分たちも表に出て、想いを語り、皆さんとお会いして

共に創り上げていこうと思っています。

 

最後まで読んでくださってありがとうございます!!!

 

そんな私たちうたかたと、ぜひ一緒に拠点を作ってあなたの想いが詰まったサービスを沢山の人にお届けしませんか?

 

挑戦してみたい、一度話を聞きたいという方は下記からお問い合わせください!

いきなり定期契約で無くても、プレでの利用も可能です!

 

    メールまたは、電話にて返信させていただきます。

     

     

    うたかたができるまでのストーリーはこちらから

    販売中!!

    インスタ迷子の方を救う一冊!

    新時代のインスタ運用ノウハウ!

    ココナラにてテキスト販売中!

     

    バズり人が教えるインスタリールの魔導書

    noteにて発売中